読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もシンプルライフ

アラフォー主婦兼ヨガ講師です。ココロも体も軽やなシンプルライフを目指しています♪

ミニマリズムは他人に押し付けてはいけない。夫との考え方の相違。

私の夫はマキシマリストではないですが、私のようなミニマリスト思考でもありません。

夫は…
今となっては洋服も私よりずっと沢山持っています。
読まない本などもほったらかしです。
あまり物事にこだわりのあるほうでもないです。

私がミニマリズムに目覚めて、家の中のものを断捨離しながらスッキリさせているのをみて、若干呆れ顔です。

「そんなに捨てなくてもいいじゃん。
収納あるんだし。」

と言います。

地震対策として高いところの物を撤去していると、

「デカイ地震きたらもうあきらめじゃない?
随分心配性だなぁ」

と言います。

夫の言うこともわかります。
でも、やはりスッキリした暮らしが好みである私にとって、物が多いのはストレスのもとを放置していることになります。
そして、私は地震を心配しているのではなく、今出来ることをやるべきだと思って行動しているだけのことです。

ミニマリストではない人からすれば、私がやっていることは、
「ふーん…そんなに減らしてどうすんの?もったいないなぁ」
ぐらいにしか思えないようです。

先日私が古本を沢山処分しているのを見て夫は、
「子供が将来手に取るかもしれないんだから、蔵書としてとっておきなよ。」
と言いました。

それはよくわかります。
本は財産だと思いますし。

でも、それもほどほどに、ですよ。
ドンドン本を読む私が全て蔵書にしていたら、我が家はどえらいことになってしまいます。
それこそ地震がきたら本の下敷きとなって絶命することでしょう。

その「ほどほどに」の程度が夫と私では差があるんですね。

その差を埋めようと必死になることはありません。
自分の価値観を押し付けるのはよくないと頭ではわかっていますから。

でも、でも!
同じ家に住む者として、理解してほしいな~という思いは本音としてありますね。

夫婦そろってミニマリスト、という方もいらっしゃるでしょうが、そうでない夫婦もたくさんいると思います。
ライフスタイルや物の持ち方に関してご主人と相違がある奥さま方・・・どうやって折り合いつけているのでしょう?

これからも、ミニマリズムは他人に押し付けず、でもミニマリズムの利点をさりげなくアピールしていけたらな~なんて考えております。

f:id:simpleyogalife:20160421205049j:plain