読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もシンプルライフ

アラフォー主婦兼ヨガ講師です。ココロも体も軽やなシンプルライフを目指しています♪

腰痛(ヘルニア)の私が寝る前にやっているヨガ

ヨガインストラクターとしては、このタイトルは若干恥ずかしいのですがね。

でも。

どっこも悪くない完璧な体の人なんて、インストラクターも含めてこの世にはいない!

と思っています。

誰でも自分の体の弱点をうまく飼い慣らしながら活動して生きているのです。


私は椎間板が弱いです。
これは産まれ持っての体質だそうです。
母も兄も腰に爆弾を抱えて生きています。

椎間板の問題にも色んなのがありますが、私のはいわゆるヘルニアです。

ヘルニアの人は前屈するのは危険ですから、私は寝る前にこんなことしてニュートラルにしていますよ。

手術するほどではないけど、何もケアをしないと日常生活が辛くなるヘルニア。
自分でできることをやります。

普通のカーペットの上にでも乗って、

★まずうつ伏せになる
★しばらくそのまま♪体の前面が床にじわ~っと馴染んで沈んでいく感覚を待つ
★手をついて上体を起こすコブラのポーズを何度かやる
★うつ伏せに戻って呼吸を整えながらリラックス
★顔だけ起こして、かかとでお尻叩きを20回
★うつ伏せに戻ってリラックス
★手をついてコブラのポーズ
気持ちよく上体を伸び上がらせる
★足裏同士をポンポン叩き合わせる
甲で反対足の土踏まずを叩いたり
★うつ伏せに戻って膝を曲げて足を手で持って、弓のポーズの準備
★息を吸いながら弓のポーズへ!
好きなだけキープ
★うつ伏せに戻ってリラックス
★手をついてコブラのポーズ

起き上がってくる。
順番はお好みで適当に変えてOK♪
f:id:simpleyogalife:20160521232305j:plain
基本的に反らせるポーズですね。

一連やると背中と腰がスッキリして、少し体の中心部も温まって、入眠がスムーズになりますよ。

そして次の日の腰の軽さが違います。

飛び出がちな椎間板を少しでも正しい位置に戻してあげる動きになるので、重力のダメージを受けない睡眠中に椎間板も回復しやすくなるんだと思います。

さっさと寝てしまいたくてこのヨガをやらずに寝てしまった昨晩は、どうも眠りが浅かったですよ…。

寝る前のケアによって次の日の体調が変わってきますね!

simpleyogalife.hatenablog.com
simpleyogalife.hatenablog.com