読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もシンプルライフ

アラフォー主婦兼ヨガ講師です。ココロも体も軽やなシンプルライフを目指しています♪

腱鞘炎と苦手な家事

何年も前から右手に腱鞘炎を抱えています。
暖かい季節はあまり痛みませんが、寒い季節はしくしくと痛みを感じています。
f:id:simpleyogalife:20160229232045j:plain
なので、手袋や手首ウォーマーが手放せないのですが、根本的な解決にはならないんですよね。

整形外科にいけば「とにかく固定してなるべく使わないで」と言われて痛み止めをもらうのが関の山。

もう腱鞘炎で病院にいくことはしません。

固定してなるべく使わないなんてほぼ不可能です。
家事をしないときにサポーターで固定すると多少マシになりますが、家事を始めれば元通り痛みます。

もうボヤきの内容になってしまいますが、私の腱鞘炎の原因となっている家事はきっときっと…

米研ぎ
風呂そーじ!

に間違いありません。
そしてこのふたつが、数ある家事のなかでも苦手なトップ2です。

米研ぎ…さてどうしましょう?
簡単に米研ぎができる便利グッズみたいなのありますが、それに手を出すべきかどうか。
炊飯釜がこれまた超ヘビー級でして、釜の重さが腱鞘炎の直接の原因だとまでは言いませんが、壊れてもいないのに、軽くてシンプルで安い炊飯器に買い替えたいぐらいです。
釜なんて薄くてもいいから軽いのにしてくれ!
タイマーさえついていれば昔風の安っぽいのでいいから!
という心の叫びが密かにあるんです。
最近の炊飯器はどれもこれも立派過ぎなように感じますが…。
米研ぎの手つきに問題があるのかなぁ?
と、色んな手つきで試しています。

風呂そーじ。
お風呂からあがるときに必ずスポンジで壁や床や湯船をこすっています。
この時の手首あたりの動きがどうも怪しいのです。
キレイにするぞ!とちょっぴり気合が入るとなおさら手に負担がかかりますしね。
柄のついたブラシは楽かもしれないのですが、どうもうまく磨けなくて使いづらい。

ということで、腱鞘炎の原因家事に心当たりがあるものの、改善策は見つからないまま腱鞘炎と付き合い続けています。

昔からペンを持つ手にも力が入りがちで筆圧も高いです。そんなことも合わさって痛むんでしょうね。

主婦歴10年以上ですが、まだまだですな。
体を痛めずに家事ができるようになりたいものです。

そして、これもまたミニマリズムにつなげてしまいますが、余分な何かを持つことで手にも負担をかけてしまうわけです。

立派過ぎる炊飯器は扱うのが大変。
物が少なくて片付けや掃除が簡単なら手にも負担が少ない。

物に振り回されて体のどこかを痛めてしまわないようにしたいものです。
simpleyogalife.hatenablog.com