読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もシンプルライフ

アラフォー主婦兼ヨガ講師です。ココロも体も軽やなシンプルライフを目指しています♪

そろそろ胃腸をいたわろう

f:id:simpleyogalife:20160210091613j:plain

私は長年胃弱に悩まされてきました。
特にここ5年ぐらいがひどく、何度も胃カメラで検査しては大量の薬を長期にわたって服用しました。

薬でだいぶ調子が良くなったのですが、それでもちょっと食べ過ぎると胃もたれが続くようになってしまいます。

厄介なことに、胃弱のくせに食欲は旺盛なんです。
甘いものも大好き。
チョコレートとアイスクリームなんて際限なく食べたくなります。
炭水化物も大好き。
いくらでも食べたいと思っちゃいます。

あまり肉は好きではなく、脂っこいものもほとんど食べません。それでも、野菜や炭水化物でも食べ過ぎれば相当の胃もたれになります。
胃もたれになっているときは手足もむくむような気がします。
もうこの不快な感じはこりごりなのですが、少し摂生して改善させてはまた食欲のままに食べはじめてまた逆戻り、を繰り返してきました。
でももういい加減にやめようと思います。

肌断食をしていますが、本当の断食も必要なんです。
でも、以前1日断食を試みて2度破れました。
我慢できなくて食べてしまう、という失敗ではなく、体が震え出す、とか吐き気をもよおす、という不調がすぐに出てしまって。
私には断食は向いていないと思っていました。

でも、この本のように半断食ならできます。
朝食だけを抜く。
前日の夕飯後から翌日のお昼まで胃腸を休めてあげる、というものです。
これは胃袋が軽やかになります。
私にちょうど良いです。
でもお昼ご飯を食べ過ぎないよう気を付けないと、すぐ胃腸は疲れてしまいます。
夕飯は割りと普通に食べてOK。
因みに朝ごはんはごく軽く食べることもあります。
起きた時の胃袋の具合によって、リンゴを食べたり。

肌断食と同じで、半断食をしたところで体がどうこう劇的に改善することを期待はしません。
ただ、もともとの胃弱をこれ以上胃弱にしたくない、これだけです。

巷に広がるたくさんの健康法。
どれも飛び付くほど信用できるものじゃありません。
学説もコロコロ変わりますし、人それぞれに合った食べ方生き方をするのが一番だと思います。
それをやっていてなんとなく体が快適かどうか。
これは本人にしかわからないことで、その感覚を大事にしないといけないと思います。

テレビで何か体に良い食べ物でも紹介されたら、次の日にはスーパーからそれが消えていますよね。
最初だけ飛び付いて摂取してみてもそんなすぐに効果なんて現れません。
何でも続けてみないとわかりません。
なので、何かを新たに取り入れてみるときは、それが継続して手に入れられそうかどうか、それが私の判断基準でもあります。

偉そうなこと書きましたが、私も情報に振り回されることはありました。
でも少しは冷静に判断できるようになってきたと思っています。

肌断食と半断食。
どちらもまた続編を書きたいと思います。
simpleyogalife.hatenablog.com