読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もシンプルライフ

アラフォー主婦兼ヨガ講師です。ココロも体も軽やなシンプルライフを目指しています♪

断捨離。どんな手放し方にも一抹の淋しさがあった

数年かけて持ち物を断捨離してきました。
身も心も軽ろやかにしたくて。

色んな方法で沢山の物を手放してきました。

ただゴミ箱にポイする
切って雑巾にする
リサイクルショップに持っていく
宅配リサイクルに依頼する
人に譲る

断捨離活動を振り返ってみて正直に言えることは、どの手放し方でも多少の淋しさがあった、ということです。
手放す時は何も考えずに手放しましたが、スッキリ感と共にヤレヤレ感(?)もありました。

ただ捨てるよりはまし、と思ってリサイクルに持っていっても、査定金額がいくらであっても少し冷たい風が吹いていたというか。
また後日に同じリサイクルショップに行ったとき、自分がかつて買い取ってもらった物が値段をつけられてぶらさげられているのを見てちょっと虚しかったり。

一番良いのは、ちゃんと使ってくれそうな人に譲ることなのかな。

物に特別な思い入れがあるわけでもありません。
高く買い取ってもらわなくちゃ不満というわけでもありません。

でも。
もう「物」のためにむなしさを味わいたくないとつくづく思いました。それこそ、「物に支配されていた」のかもしれません。

だから、ちゃんと使うことができない物を所持することはしたくありません。
たとえ小さな物でも。
しっかり使いきって気持ちよく手放せるように、その範囲でしか物を持たないようにしようと強く思いました。

私なりのシンプルライフの中で、気持ちよく物と付き合えるように。